和歌山を目指し山奥をすすむ!ミッション達成まで帰れない大阪~和歌山~淡路放浪記1

和歌山を目指し山奥をすすむ!ミッション達成まで帰れない大阪~和歌山~淡路放浪記1アイキャッチ

37歳、無職。色々と理由を付けては挑戦する事を拒み続けてきました。それは全力で取り組んだことが箸にも棒にもかからなかった時、プライドが傷つくのが怖いから…

しかし、いい年になるとそれが猛烈な後悔へと変わりました。なぜ好きなことですら挑戦しようとしなかったのか、このまま常識人ぶって死んでいくだけでいいのだろうか?せめて、今からでも大好きな旅の中でぐらいは挑戦をすべきなんじゃないか。

そう思い立ったひろりはニコニコ動画でコミュニティーを作り、旅の中で3つのミッションをクリアするまで帰らないことを宣言しました。1つ目のミッションは、今まで釣ったことがなかった「30cm以上の大物を海で釣り上げる」こと。こうして、ひろりの旅が幕をあけました。

旅のはじまり!奈良の山道をくねりながら和歌山を目指す

奈良の深い山奥

7月12日のお昼ごろ、釣りの聖地である和歌山をめざして旅がはじまりました。もちろん節約のために、高速道路などは使わない下道の旅です。渋滞し始めた大阪をいい感じで抜け、奈良へと突入すると、山、森、山、森、山森が山盛り!

他の人ならウンザリするぐらい代り映えしない光景ですが、田舎暮らしにあこがれる自分にとっては、ちょっとした光景の変化がものすごく興味を引くんですよね。ふと顔をのぞかせる鳥居やよくわからない施設、その土地に住む人の生活を想像すると何とも言えないセンチメンタルな気分になります。

それでもニコニコ生放送で放送しながらなので、テンションは高めでしたけど(笑)突発的な豪雨に見舞われたり、オオスギノトウというよくわからない施設を見学したりと楽しい道中を過ごさせてもらいました。

日も落ちてしばらくした頃、iPhoneの電波が途切れ気味に…さみしさを感じながらも山道にポツンとあったファミリーマートで一旦放送を終了し、今度は一人熊野街道を目指します。そのさみしさを察してか、小鹿がトンネルを同行してくれたりという一幕も(笑)

三重突入!街の灯りってこんなにも心をホッとさせてくれるんだね

24時間営業のガソリンスタンド

1時間ほど走ったでしょうか、市街地の明かりが見えついに熊野街道へと到着しました。お昼過ぎに家を出たのに、山道を走ってただけでもう夜の22時ですよ。

しかし、先程とは違いガソリンスタンドもスーパーもそこら中にある!しかも24時間営業だ!!和歌山ではなくまだ三重県ですが、なぜか目的地に着いたかのような達成感があふれます。

ほんとならここで仮眠でもとっておくべきだったんでしょうが、ランナーズハイ状態になっていた僕はニコニコ生放送を再開、目的地を目指しました。

和歌山の人々は規則正しく暮らしております

深夜に閉じているシャッター

和歌山に入るとまたもや消えていく灯り。海岸沿いの道路をはさんで、反対側は山。そんな地形なので建物もポツポツとしかありません。

人が大好きってわけでもないのに、人気がなくなると現れる何とも言えないこの感覚。もしかして自分は結構なメンヘラなんだろうか?軽く悩みながら暗闇を走り抜けると、ついに目的地、いや、ほぼ目的地である和歌山県串本町に到着しました!いや~、ほんとに長かった…ここまで8時間はかかってますよ。高速使えば3時間なのにね。

もうすぐ釣りの聖地で竿が出せる!ウキウキ気分で釣り餌と仕掛けを購入しようとするも、釣具店は軒並み閉まっております。ええ~、大阪だと海の近くに必ず24時間営業の店舗があったのに!かろうじて、24時間営業のスーパーはあったので人間の餌だけ買っておきました。トホホ…

目的地に到着!アジが乱舞しカブトムシが降ってくる港

深夜、串本のとある漁港

そこから数十分車を走らせ、夜中の1時頃についに目的地である港へ到着!

電灯の下にアジがウジャウジャ泳いどるやん!!ここまで魚影濃かったら餌なしサビキでも釣れるんじゃないかな?と思い、仕掛けを投入すると見事にビンゴ。餌ありと比べるとペースは遅いながらも、飲ませ釣りに丁度いいサイズが釣れてくるではありませんか!!

夢中で釣っていると足元にボトリと何かが落下。何だろうと覗き込んでみると、ホームセンターで売られてる姿そのままのカブトムシが!海釣りしててカブトムシ降ってくるってそうそうないですよね(笑)海釣りをして、振り返ればそこは山と星空。それが和歌山なんです。

決戦は2時間後、青物釣りに備えて釣り具屋駐車場で仮眠

駐車場に停めた車と今日通った経路

餌用に確保した小アジを入れておくスカリもなかったので、クーラーに海水を入れてバケツ代わりにしておきました。「ふう…ようやく一息つけるなぁ。」そう思った瞬間、緊張の糸も切れ猛烈な睡魔が…このまま仮眠して夜明けに青物釣るか。

ってか、よく考えたら青物釣りの仕掛けもないし、夜明けまで後2時間ぐらいだしどうしようもなくね?考えた結果、最寄りの釣り具屋の駐車所で店が開くまで待機しておく事にしました。ニコニコ生放送のみんなに…朝5時の再開を約束して。

次の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA